【個展】破壊と再生のあいだを表現する〜渡邊涼太「Horizon」 roid works gallery

渡邊涼太「Horizon」

渡邊涼太さんの個展「Horizon」に伺いました。
会場は湯島のギャラリー、ロイドワークスギャラリーです。

渡邊涼太さんは、東北芸術工科大学を卒業後、東京藝術大学の大学院に通う作家です。

作品は渡部さんオリジナルの手法で描かれています。
カッターの歯にアクリル絵の具をつけ、キャンバスに乗せてモチーフを描きます。
同じ行為を油絵の具でも行い、絶妙な風合いを表現する絵画を描いております。

展示風景

渡邊涼太《Icarus》 1,455 × 1,120mm (F80) キャンバス、アクリル、油彩 2021年

《Icarus》※Detail

渡邊涼太《Venus》910×727mm (F30) キャンバス、アクリル、油彩 2021年

《Venus》※Detail

左:渡邊涼太《Anonymous》 1,167×910mm (F50) キャンバス、アクリル、油彩 2021年
右:渡邊涼太《Flower》 1167×803mm (P50) キャンバス、アクリル、油彩 2021年

中央:渡邊涼太《REAL》 910×910mm(S30) キャンバス、アクリル、油彩 2021年

現代における存在の曖昧さを表現する渡邊涼太さん。
カッターを使った表現は、描くというよりも、存在をかき消す道具のようなものとして捉えているようです。

作品は抽選で販売されましたが、天良会は大きな注目を集め、完売したそうです。

概要

渡邊涼太
『Horizon』

会場: roid works gallery
会期:2021年10月23日(土)〜10月31日(日) ※会期中無休
時間:12:00〜19:00